• Japanese Dual Language Immersion Program  

    What is the Japanese Immersion Program?

    The Japanese Immersion Program began in 1989 with two kindergarten classes at Richmond Elementary School. Now, a complete K-12 language immersion program with students starting at Richmond for kindergarten and staying through 5th grade. Students move to Mt. Tabor Middle School for grades 6-8 and Grant High School for grades 9-12. At Richmond Elementary, students spend half their day learning in Japanese and the other half in English. Teachers provide lessons in literacy, math, science, and social studies in both languages.

    After 5th grade, students have the opportunity to travel on a parent-sponsored trip organized by Oya No Kai. Students stay with families in Japan, attend sister schools, visit historical landmarks, and participate in cultural and recreational activities with their host families. For many students, it is the experience of a lifetime.  

    In 8th grade, students go on a school-sponsored trip to Japan and take the lead by researching airfares, interviewing chaperones, and selecting gifts for city officials. Once in Japan, they complete field assignments and hands-on research on a topic of their choice. Upon their return they make a formal presentation of their travels to friends and families with a sense of pride and ownership of a job well done. High school students are required to complete a Community-Based Learning credit. This real-world experience might include studying or volunteering in Japan, interning with a local Japanese company, or tutoring Japanese with elementary students.

    日本語イマージョンプログラムとは?

    日本語イマージョンプログラムは、1989年にリッチモンド小学校において、キンダーガーテンの2クラスから始まりました。現在はキンダーガーテンから12年生までの言語イマージョンプログラムとなり、5年生までの6年間をリッチモンド小学校で学びます。その後、6年生から8年生までをマウントテーバー中学校、9年生から12年生まではグラント高校へと進級します。リッチモンド小学校では、1日の半分を日本語クラス、残りの半分を英語クラスで過ごします。言語、算数、理科、社会の4教科を日本語と英語、両方の言語で学びます。

    5年生修了後の夏には、「親の会」が企画し保護者が主催する日本への修学旅行があります。子供達は、日本の家庭にホームステイをして現地の姉妹校に通ったり、史跡を訪れたり、ホストファミリーと一緒に様々なアクティビティを行い日本文化を直に体験します。子供達にとって、この旅行は一生忘れられない貴重な経験となることでしょう。

    8年生になると、学校主催の日本修学旅行があります。この旅行では、生徒達が主体となり航空券の値段を調べたり、保護者から引率者を選定する為の面接をしたり、訪問先で贈呈するお土産を選んだりします。日本では、それぞれの生徒が選んだ題材について実地調査を行います。帰国後には、保護者やクラスメートの前で調査結果をまとめたプレゼンテーションを行い、修学旅行で学んだことを発表します。

    高校では、実社会で社会経験を積む「コミュニティーに基づく学習」の単位を取得する必要があります。日本語イマージョンプログラムの生徒達は、日本で学校に通ったり、ボランティア活動に参加したり、またはポートランド近郊にある日本の会社でインターンシップを経験したり、小学生に日本語を教えたりすることでこの単位を取得できます。

    Benefits of Our School

    • Richmond provides students with a warm and supportive learning environment and a bilingual curriculum that is stimulating, rigorous, and fun.
    • The self-esteem of our students grows as their speaking, reading, writing and listening fluency develops in Japanese and English.
    • Learning about another culture fosters diversity of thought among our students and nurtures a global view of the world.
    • Student learning is enriched by Richmond's highly skilled and committed staff.
    • Our history of strong achievement assures families that academic excellence is the norm.  

    本校の特色

    • リッチモンド小学校は、暖かく協力的な学習環境を提供し、刺激的で楽しい徹底した2ヶ国語教育を行います。
    • 子供達は、日本語と英語の両言語においての話す・読む・書く・聴く能力の向上に伴い、より自信を深めることが出来ます。
    • 他文化を学ぶことにより視野を広げ、多角的な視点から物事を見ることが可能になります。
    • 経験豊富な教師陣が子供達の学習を応援します。
    • 長年の実績に基づいた教育の質の高さを保証します。

    Experienced Teaching Teams

    Our English and Japanese teachers work as partners to determine which part of the curriculum is best taught in each language. This complementary approach allows our students to make connections between their English and Japanese learning experiences and improve their fluency with each language. 

    経験豊富な教師陣

    本校の英語及び日本語の教師は二人一組のパートナーとなり、オレゴン州学習指導要領のうちどの分野がそれぞれの言語で学ぶのに適しているかを決定します。これにより日本語、英語それぞれのクラスでの学習内容を関連付けることができ、両言語の言語力向上にも繋がります。

    Dismissal  

    Family Support and Involvement

    The commitment and involvement of our families is something that really sets Richmond apart from ordinary schools. 

    • Parent/Teacher Association (PTA) promotes parent and staff cohesiveness and provides funds and enrichment opportunities across our classrooms. 
    • Richmond Foundation provides funding for core staff at Richmond. 
    • Richmond Site Council is a committee of parents and teachers charged with school improvement.
    • Oya No Kai is a non-profit organization to support and promote Japanese culture at Richmond. Oya No Kai, or "parent organization," provides funding for our Japanese teaching interns. They also coordinate cultural exhchanges with our sister schools in Japan.

    保護者からの支援、関わり

    保護者や家族の学校への多大なる貢献が、リッチモンド小学校を唯一無二の存在にしています。

    • PTAは、保護者と学校との繋がりを強固な物とし、子供達の学習に必要な様々な資金を調達、提供しています。
    • リッチモンドファウンデーション(基金)は、リッチモンド小学校における職員確保の為の資金を調達しています。
    • リッチモンドカウンシル(協議会)では、学校環境の向上の為、保護者と教師が共に活動しています。
    • 親の会は、リッチモンド小学校における日本文化の浸透を後押しする非営利団体です。親の会は、日本語クラスのインターン確保の為の資金を提供しています。また、日本の姉妹校との交流活動も行なっています。

    Awards and Recognition

    • Richmond named an "Exceptional School" by the Oregon Department of Education for achievement in 2006 and 2007. 
    • Richmond receives the prestigious 2005 Award for Excellence in International Education by the Asia Society and the Goldman Sachs Foundation (2005) 
    • George Lucas Foundation produces a short film about the Japanese Magnet Program at Richmond (2003) 
    • Center for Applied Linguistics publishes the article "Japanese Immersion: A Successful Program in Portland, Oregon" by Douglas F. Gilzow (2001) 
    • Portland Schools Foundation awards the New Vision Grant for Richmond’s Mathematics Collaborative Project (2000-02) 
    • The Center for Applied Linguistics recognizes Richmond as one of seven model language immersion schools in the country in their report Lessons Learned: Model Early Foreign Language Programs (2000) 
    • Excellence in Education award from the Portland Schools Foundation for Renee Ito-Staub, Richmond Principal (1997)   

    受賞歴

    • 2006年、2007年 オレゴン州教育省から「優秀校」の認定を受けました。
    • 2005年 アジア協会とゴールドマンサックス財団主催の国際教育における特別賞を受賞しました。
    • 2003年 ジョージ・ルーカス財団が本校の日本語イマージョンプログラムについてのショートフィルムを作成しました。
    • 2001年 ワシントンD.C.にある応用言語学センターが本校の日本語イマージョンプログラムの成功について論文を発表しました。
    • 2000年〜2002年 ポートランド市学校基金がリッチモンド小学校の算数教育に助成金を提供しました。
    • 2000年 ワシントンD.C.にある応用言語学センターは、本校をアメリカ国内にある7つの優れたイマージョン教育プログラムのうちの一つに選定しました。
    • 1997年 当時の校長である伊藤スタウブ・レネーがポートランド市学校基金により表彰されました。

    Why Should Your Child Learn Japanese?

    Fluency in a second language will ... 

    1. Enrich and enhance your child's cognitive development. 
    2. Lead to greater achievement in reading, writing, social studies, science and mathematics in both languages. 
    3. Help your child develop different learning styles and problem-solving and reasoning skills. 
    4. Foster a sense of humanity and friendship across cultures. 
    5. Increase your child's ability to adapt to different environments. 
    6. Improve your child's understanding of and fluency with his or her native language. 
    7. Increase your child's ability to be more flexible in their thinking. 
    8. Open the door to other cultures and help your child increase his or her sensitivity to and understanding of the language, values, customs and traditions of others. 
    9. Lead your child to discover and examine his or her personal values and civic responsibilities. 
    10. Increase career and educational opportunities in many professions. 

    Adapted from the book Languages and Children: Making the Match (3rd edition), H. Curtain and C. Pesola, (2003).  

    日本語学習の利点

    第二言語の習得は…

    1. 子供の認知発達を促します。
    2. 2言語での読み、書き、社会、算数の能力向上に繋がります。
    3. 問題解決力や論理的思考力を高め、また母国語とは異なる学習方法を身に付ける事が出来ます。
    4. 文化の違いを超えた友情や豊かな人間性を育みます。
    5. 様々な環境の違いに対応する能力が向上します。
    6. 母国語に対する理解の向上に繋がります。
    7. 柔軟な思考力を得る事が出来ます。
    8. 自分とは異なる言語、価値観、習慣、伝統に対する感受性を高め、異文化への寛容性の形成に役立ちます。
    9. 子供自身の価値観や公共心を発見、形成します。
    10. 将来的に、様々な分野でのキャリアや学習の機会が増えます。

    Language and Children: Making the Match (3rd edition), H. Curtis and C. Pesola, (2003)より引用

    How can I find out more? 

    If your child is preparing to enter kindergarten, please contact us at 503-916-6220 or visit our enrollment page.

    お問い合わせ

    キンダーガーテン入学をお考えのお子さんがいる方は、お電話にて本校(503-916-6220)までお問い合わせ下さい。併せて入学手続きについてのページもご覧下さい。